スパークリング

ワインセラーの必要性

ワインセラー(wine cellar)とは、ワインの貯蔵施設です。
熟成させるために適切な温度・湿度を保てる地下などの貯蔵室や、同様の条件で光や振動を避けて保管することができる貯蔵庫のことを言います。

ワインの本場であるヨーロッパでは、昔から、ケイヴ(Cave)と呼ばれる洞穴や地下をワインセラーとしてそこに保管してきました。
ワインは湿ったコルク栓にわずかに瓶内のワインをにじませ、アルコール分や水分とともに熟成生成物を瓶外に発散させながら遮光された静かな場所で熟成します。
熟成には、温度が13~15℃くらいで湿度は70~80%、さらに光や音・振動の影響を受けることなく保管されるのが理想です。
こうした条件を満たすのが、かつてはケイヴであったということであり、現在、ケイヴに近い環境を作り出すのがワインセラーなのです。

日本は四季がある関係で、ワインの保管には適した環境ではありません。
30℃以上の高温が続くと熟成が進みすぎて変質・劣化を起こしますし、5℃以下の低温が続くと熟成が進まなくなります。
また、蛍光灯の光でも色や味の劣化の原因になりますし、地震は言うに及ばず乗り物などによる振動や衝撃はボトル内に対流を生じさせ、熟成を妨げます。
ワインセラーは、こうした悪条件からワインを守ってくれるのです。

このページの先頭へ