スパークリング

ワインっていつからあるの?

ブドウの木は、人類の誕生よりも古くから自生していたと言われています。
ブドウの実が地上に落ち、果皮に付着した天然の酵母によって発酵することで生まれたのがワインの起源と考えられるのです。

人間の手によってワインが造られたことを証明する最も古いものとしては、約6000年前のメソポタミア先住民のシュメール人が残したロール・シール(ワイン壷などの口を塞ぐ粘土に刻印する大理石などの丸い棒)が発見されています。
また、アルメニアには約6000年前のものと推定されるワイン醸造所跡が発見されており、その頃には、既にワイン醸造の技術が確立されていたと考えられるのです。
さらに、紀元前4000~5000年頃の出来事を記録しているアッカド語版の「ギルガメッシュ叙事詩」のなかには、メソポタミア王のギルガメッシュが大洪水に備えて箱舟を造らせた際、船大工たちにワインを振舞ったという記載があります。

メソポタミアに始まったワイン造りは紀元前1500年頃にエーゲ海の島々を経て紀元前1000年頃にギリシャへ伝わり、神からの神聖な飲み物として扱われました。
そうして紀元前600年頃、フェニキア人によって南フランスのマルセイユ地方に伝えられ、その後、勢力を強めてきたローマ人によってヨーロッパ全土に拡大していったのです。
なお、ヨーロッパでワイン造りの文化が拡大していった経緯には、ローマ帝国の拡大と将軍ジュリアス・シーザーが大きく関係していると言われています。

このページの先頭へ