スパークリング

ワイナリーの楽しみ方

一般の人にとってみれば、ワイナリーを訪問するのはワインについての専門知識の習得やワイン作りの方法を勉強することだけではなく、多くの場合、ワイナリーに併設されたレストランやショップ、施設などで楽しく過ごすことが目的の中心になっているようです。
世界のワイナリーは大きく分けて、観光で見学できるワイナリーとできないワイナリーの2種類あります。
それらのうち99%のワイナリーはいわばプロフェッショナル向けの訪問しか受け入れてくれません。
くれず、観光目的での見学向けなどに一般に開放しているのは、残りの1%のワイナリーでしかありません。

しかし日本の場合は、全国には200を超えるワイナリーがありますが、それらのほとんどのワイナリーが、一般客を受け入れる体制を整えているのです。
ガイドの案内でワインの製造や品質についての詳しい解説を聞くことや試飲ができるうえに、ショップでお土産を買うこともレストランでの食事もできますから、ワイナリーならではの楽しみを味わえます。
ネット上には「日本全国ワイナリー巡り」といった日本各地の様々なワイナリーを紹介した詳細な情報が提供されていますので、ご自身で簡単に情報を収集できます。
「敷地内に直営のレストランやテイスティング場所があること」「ワイン以外にも、楽しむ施設が併設または近くにあること」というのが、近年のワイナリー選びのポイントのようです。

このページの先頭へ